admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近のカトゥーン、凄くいいよなって思います。

皆様の熱いKAT-TUN愛に影響されて、なんだか語りたくなったから語ります。
自己満だから、すぐ次のエントリーあげるけど(笑)




きのうのエントリー。コメント拍手メールと色々ありがとうございました。
別に私は彼を責めたかったわけでも擁護したかったわけでもないんです。
ただ思ってることを、単純に文字にしてみたくなっただけなんです。

そして書きながら「もう行かないでね」って、
回りくどく願ってみただけなのさ。

やっぱり赤西仁が好きだから。
6人のKAT-TUNが大好きだから。




「一人でKAT-TUNやってんじゃないんだから」

1つ前のエントリーでも書いたけど、
これはデビュー前、亀に対してずっと思ってたことだったりもします。


「なにもかも引き受けてやろうじゃねぇか!」

ドリボズのこのセリフが、まんま当時の亀っぽくて。
なんでそんなに一人で全部抱え込もうとしてるの。
あんた一人でやってるんじゃないんだよって。

もちろん仕事を入れたのは本人ではなく事務所であって、
亀はそれをプロとしてやる遂げているだけだったんだけど。
精神的な問題…というか。なんだろうな。
目を背けたくなるくらい痛くって…殺気立ってた。


私さ、野ブタ時期「かめが死んじゃう」ってずっと言ってたらしいんですよね。
自分じゃ全然覚えて無いんだけど、最近友達からそう聞きました。

そのくらいギスギスしてたなぁ、と。

忙しさは勿論だけど、忙しくなってからまだ1年も経ってなくて。
その忙しさに対して不慣れなくせに、それに付いていこうと必死で。
…そのくらいじゃないと、やっていけなかったのかもしれないね。

でも。少し、怖かった。いろんな意味で。

メンバーも亀に対して多少そんな感じはあったんじゃないかなぁと。
それは完全に私の独断だけど。



だから仁君留学したとき、また亀がそーなっちゃうのかなって凄い不安だったんです。
また一人で背負い込もうとしちゃうのかなって。

でも、そんなこと心配する必要は、そこまでなかったような気がするんですよね。
これも私個人の意見ですが…もちろん、また「頑張ってた」けども、
前と明らかに違ったのはギスギスしてなかった。


「ひとりで重いもん背負うなよ」

今月の「TopStage」で聖がそう言ってくれてたけど、
やっぱりメンバーの存在が凄く大きかったのかなって。
もちろん、それだけでは無いけれど。

そして亀自身も、昔とは変わったなぁと思う。
走り続けることはやめなくても、
周りの景色を見ながら走れるようになったんだな、と。


きっと、みんなそーやって成長していくんでしょーね。
そしてグループはそんな風にいろんなことを経験しながら作られていくんでしょうね。

私も成長しなきゃなぁ~。


でも。ほんと、我ながら面白いグループを好きになったもんだと思います。
そこは自分で自分を褒めてあげたいよ。笑


てか本当コウキのその言葉かっこいいよね!
惚れそうになったけど!!くそぉ…亀がライバルだとは(爆)

それから、上の文章は全部私の勝手な考えだけで書いちゃってるんで。
違うと思う方もそりゃたくさんいることだろうと思います。
そんな方はサクッとスルーでお願いします。(クランキー並みにサクッと)


てことで、KAT-TUN初の6人カレンダーが素敵すぎるぜ!
お次のエントリーで少しだけ語ります☆





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/05 13:49】 | #[ 編集]
こんばんは☆

きょんちゃん、エントリーありがとうございます。
私はきょんちゃんのブロクを溺愛する仁ファンなのですが…かと言え仁を溺愛しているとは言えず自分も社会人やってると「海外に行きたいから行くって違うでしょ?」といつも思っていました。

まぁ、私たちが伝え聞く「どうして仁が海外に行ったか」というのは本当は深ーい深ーい大人の事情があるのかも知れない訳で(いや、意外に無かったり?)…仁が語ったはずの雑誌においても「ホントは何てしゃべったの?」みたいな。

でも…
そろそろ仁には気持ちを伝える言葉をきちんと選べる大人になって欲しい、と思ってるんです。なんかね、言葉の選び方が下手というか…「なってない!」わざと悪ぶれるにもほどがある!…みたいな。
「亀のように」とそんなハードル高い事は求めないけけどさ…(--;

まぁ、とにかく今は仁以外の5人に感謝しつつ(特にカメ=もうね、上手く言えないくらい想いは強いかも)6人のカツンが大好きなんです(アレレ?)笑。亀も淳之介もこーきもうえぽむも中丸も大好き☆

何だかエラく大変なグループを好きになってしまったみたいですね、皆さん。笑

今後も楽しみに見ていきましょーよ☆

案の定、何が言いたいのか分からないカキコになってしまいましたがついつい書き込みをしたくなったきょんちゃんのエントリーでした。

きょんちゃん、いっつもありがとねー☆


【2008/03/04 20:30】 URL | アラユカ #JyN/eAqk[ 編集]
こんにちわー♪

会社からお邪魔します。
前のエントリーからKAT-TUNについて亀にそして仁について考えさせられて。私は亀担でどんな亀も理解できるし納得もできます。
仁担さんもきっと大小違えてもやっぱり基本は自担さん一番ですよね☆だから許せるし愛しい。。。

亀の頑張りもデビューのいきさつもあって他メンよりKAT-TUNに対して“愛”が深いんだと思います。何事にも一生懸命なのも亀の性分で・・・私もスポーツをしておりますが、何ごとにも一生懸命な姿はヘタでも気持ちの良いもので、今の世代“一生懸命”なんてダサイという風潮なんですよね!かっこ悪くてもそんな必至さって大事かなと・・・うまく表現できませんがそんな姿が亀がファンに悲壮感を感じさせてしまったのであればそれは亀の未だ未熟さという事なんでしょうか。本人ははたで見ているよりそんなには感じてないもので・・・目標がある時は突っ走れるというか。


この頃のKAT-TUNを見ているとなんかいい感じですよね☆
お互いをフォローし合える良い関係。どんどん魅力的なグループになって行く♪

結局何を言いたいのか私自身まとまらないままカキコしてしまいました。ごめんない。亀大好きなので亀の擁護になっちゃったかも。


仕事はじまりました。また遊びにきます。ピース☆

【2008/03/04 13:01】 URL | ichiro51 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 月影グラナデン―KAT-TUN亀梨和也・赤西仁中心 仁亀族ブログ―, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。