admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「白虎隊」泣けたー。゚(゚´Д`゚)゜。

何回も書き直してみたけれど、どーにもこーにも
文章が重くなりすぎちゃってジャニーズブログで書いて良いものかどーか_| ̄|○
かなり個人的な歴史観入ってるので、以下興味ない方は読み飛ばしちゃってくださいな。






『白虎隊』すごく考えさせられる作品でした。
数え年で17歳ってことは実年齢は15~16歳?
まだ全然子供なのに。魂の誇りのために自刃するとは‥‥一体どんな精神力だろう。

歴史を知るといつも思うけれど、実際にあったことなんだと思うと身震いがする。
約140年でこんなに変わるもんなのかな?「人」も「世界」も。

今の感覚で言うと
「死ななくて良い。どんな生き方でも生きるのは逃げじゃない。臆病じゃない」
って当然思うけれど、そんな「時代」だったんだって言われた気がした。やるせないね。


そしてそんな時代の「立派に生きて立派に死ぬ」ことを貫き、
散っていった会津の若き少年達。

いつか争いのない時代に‥‥。
誰よりも、彼らの母親達がそう思った気がする。

儀三郎の死を聞いたあと、
彼のお母さんが歌っていた子守唄を聞いて涙が止まらなかったよ。


日本は、あの悲劇のあとに新しい時代になって約80年後。
今度は世界と「戦争」と言う同じ悲劇を繰り返してた。

でもその全ての悲劇があったから、「今」もあるわけで。
すごく複雑で、不思議な気分になります。
歴史は途切れない。時間が流れ続ける限り。


私達が今の時代に生きているのは、偶然であっても必然であっても、
過去の世の中を、必死に生き抜いた人々がいたからこそ。

だから生き方を選べる今の時代に生まれた私達には、
授かった命をどんな方法でも精一杯「生きる」ことと、
きっともう二度とこんな過ちを繰り返さない義務があるんだろうなって‥‥
そんなことを改めて真剣に感じさせてもらいました。

そして私がいつも思うのは、「よくKAT-TUNと同じ時代に生まれたよなー」って。
しみじみ感じます。有難いですよね。
「ありがたい」は「有る」のが「難しい」と書く。うん、本当に有難い。



儀三郎。小夜子さんと幸せになれたのかな。



親と一緒に見てたので、ずっと泣かない努力してたんだけど。
女達が自刃した後、敵が「味方だ」って言ったところで、
初めて涙がこらえられませんでした。

敵も、自分が信じる正義とか愛とか人とか‥‥
そーいう大事なものを守るために戦ってるわけで、どちらが悪いってわけじゃない。

私が歴史物見て、考えるのはいつもそこです。

今回は会津に着目した話だったけれど、
実際は薩長の人達だったり、歴史に名を刻まない無名の多くの人達にも、
それぞれに色んな人生の物語と想いもあったはずだから。

だからそのことを絶対に忘れないでいようと思うんです。


あーでも私、出来るだけ歴史もの見ないようにしてるんだよ~;
こんな風に色々考え込んじゃうし。
歴史って何かが散らないと終わらないから、最後はほぼ哀しいんだもん。


「また後でな」って言って別れた3人。
お守りを渡せなかったと言って泣き崩れる峰治。
峰治の「俺の母親も今立派に死んだ」
殿の「もう十分やってくれた」


なんか色々泣けたけど、本当にすさまじかった。


山P・聖・藤ヶ谷。
みんなしっかり演じきってたよ!!(涙)

そして、この作品に出会うきっかけになってくれてありがとう!


聖はひと恋の撮影と並行しての京都での撮影、本当にお疲れ様です。
これからの俳優業もすごく楽しみ☆

あと下北サンデーズ見てる時も思ったけど、藤ヶ谷父さん思いっきり役者だね!
ジャニーズだと気付いてない人多いかもな(笑)



亀ちゃんもいつか時代劇出てね♪(できれば幕末。笑



ジャニーズブログランキング





<管理人からコメレス>


絵梨奈さん⇒こんばんわ☆
「白虎隊」私もめっちゃ泣きました。
本当に140年前にそんな時代があったんだなーって改めて感じて。。

蘇生した1人は、亡くなったときに他の隊員達と同じ場所にお墓作りたかったのに、「武士の恥さらし」と言う人もいて、少し特別な場所に作られているそうですね。私もこーゆうことは全然知りませんでした。
今回白虎隊について少し調べてみたりもしたんだけど、こんなきっかけを与えてくれたのは間違えなくジャニで、24時間テレビ終わったあとも思ったけど、きっかけは何であっても全然良いと思うんですよね。

そしてよくよく考えると、KAT-TUNと出会えた事実も、私達がこーやってKAT-TUNを通して相互リンクとかしちゃったりしたのも、すごい確率ですよね!
出会えたことが求めた奇跡(*´∀`*)

そんなワケで、せっかく仲良くなれた奇跡を祝って(笑)、
これからも宜しくお願いしますねー☆

【2007/01/08 23:26】 URL | きょん #zrvSuWY.[ 編集]
きょんさん、おはようございます。

「白虎隊」、凄く考えさせられる話でしたね。絵梨奈は、白虎隊士の全員が自刃したと思ってたんです・・・違ったんですね。まさか2手に分かれてただなんて・・・そして、蘇生してしまった1人・・・こういうのって、初めて聞くことだったんで、本当にビックリしてしまいました。歴史として勉強はしてきたんですが、もっと知るべきことがあるのかもしれないとおもいました。母の思い、そして家族の思い・・・今も変わらないはずなんだけど・・・

きょんさんが言うように、絵梨奈も今という時代に生きてて良かったと思います。KAT-TUNに出会えたことも感謝しなきゃいけないんですよね。なんだろ・・・言葉にならないけれど・・・。

こういうドラマ、ジャニが出てるからって見ることもあるんだけど、それもアリかもしれないですよね。それを、きっかけに何かを感じればいいわけだし。今後も期待したいかなって思います。そして、亀にも時代劇に出て欲しいですよね。
【2007/01/08 11:44】 URL | 絵梨奈 #/c6P0Lg6[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 月影グラナデン―KAT-TUN亀梨和也・赤西仁中心 仁亀族ブログ―, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。