admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけましておめでとうございます。
年末カウコン前に人ん家で爽快に転んでひねった足が痛いです。きょんです。

相変わらずよく転びますが、いつの間にか26さいです。(小声)

更新しない間にKAT-TUNも私自身もいろいろありました。
ちなみに今はF岡からお引越しして、YOコハマに住んでおります。

いやー、お久しぶりです。うん。まーそれは置いといて、
年末の京セラドームカウコン&新春勝詣に参戦してまいったよ!よよよ。

そこで、いろいろと自分の中でぼんやりしてたものがスッキリした感覚(?)になったので
なんだかちゃんとその感覚を残しておきたいなーとか思って。
ブログのトップを陣取っていたスポンサーさんを消しにきました。

もーあんまり見てる方もいらっしゃらないかと思いますので、
今思ったことをそのまま正直に書きたいと思います。

|∀・).。oO(ブログのログインパスワード忘れて30分くらい開けなかったのはココだけの話






私、5人になってからのKAT-TUNが
「お客さんと一緒に」とか「お客さんとの距離を近く!」とか意図的に(←ココ大事)してる感じが
あんまりスキじゃなかったのです。

もちろん悲しい気持ちにさせちゃったからとか震災後だから
そーしてるっていう気持ち自体は有難いし優しいなとは思ったけど、
でも望んでるのはそーゆうことじゃなくて。
あったかさとか優しさとか繋がりを求めてるんなら別にKAT-TUNのライブじゃなくていい。

2008年の女王コンみたいなね、あれだけ痺れるような完成度高いモノ作れる人たちが
あれだけドームを支配できるレベルの人達が
ファンと馴れ合ってどうするんだよってずっと思ってました。

みんなで一緒に歩んでいこうね的な関係じゃなくて、
ちゃんとステージで「魅」せてくれたら、付いてくんなよと言われようが
勝手に鎖にでも捕まってズルズル引きずられてでもちゃんと付いていくのに。


そして5人になってから一番哀しかったのは、
メンバー自身が過去のことに蓋をしてる雰囲気だったこと。

これ前どっかでも言った気がするけど、
私は過去のKAT-TUNをなかったことにされることが一番嫌で哀しい。です。


でもそんなKAT-TUNを見て、私自身でも触れちゃいけない過去にしてたんでしょうね。
6人とか、仁亀とか、あー禁句なのかなって空気にファンの中でもなっていて。
しれっと言うけど仁亀以上に輝かしくて儚い二人を私はもう見つけることはできないと思います。


年末カウコンで過去の曲やりますって言われて、やっぱりそれ聞いて正直怖かったです。
ようやく塞いだつもりでいた傷がまたえぐられるんじゃないかって。
だからちょっと入るかどうかすら迷ったんですが。

でも、30日京セラ1日目公演入って、
とりあえずギャーギャー騒ぎまくって楽しかったって感覚しかなくって。
それなんでだろうなって思ってたんですよね。
単純に私自身が吹っ切れたのか、別物としてとらえることができたのかな?
て思ったくらいで。


でもそれは違ってて。
翌日31日のカウコンの最初に挨拶で、かめが長い沈黙のあと、

「…赤西というメンバーが抜け、田中というメンバーが抜け」

ここでまずびっくりしました。ほんとに肩がビクッとなりました。
まさか名前出すとはもう思ってなかったから。んで


「今までがあったからこそ今があると思っています」


この挨拶聞いたときに、あーーーーこれか、と思いました。

過去をなかったことにされちゃうのが悔しくて悲しくてそれが本当に一番イヤだったから
ちゃんと今までのKAT-TUNを認めてくれてるんだな(ていうと言葉変だけど)、
そういう覚悟が、本人たちのステージ見ててこっちに伝わってきたんだなって。

あと自分本位の話にもなるけど、私が中学生の頃から応援してきて
ずっとKAT-TUNを追いかけてきた10年以上の日々も
間違ってなかったよって言われてるみたいで、その点でもほっとしたというか。



聖がいなくなってから、うんまぁ泣きましたけども。
信じられなかったし信じたくなかったし。
シューイチで見ながら焼きそば食べながら泣きましたけども。

でもそーいえば思ったよりすぐに前向きにな気持ちで応援できたというか。

思い返せば、それは中丸がシューイチで本音を語ってくれたから。
あんなに早口でガァーーって話すなかまるがね、うん。


「そのメンバーの穴を埋めるってのは無理なんですよね」
「やっぱりその人以上にはなれないし」


こう言ってくれたことが、言い方変かもしれないけど、嬉しくて。


今回はこれからちゃんと向き合ってやってこうっていう
メンバーの覚悟みたいなものを今回のステージで本当に感じました。
ほんっとにメンバー自身が嬉しそうで楽しそうで幸せそうで、
こっちまで幸せな気持ちになりました。


年始に家帰ってきて、パンフ読んでもそーゆうこと言ってくれてて。



「いろんなことを経てのKAT-TUNであり、今まで起きた出来事を隠すつもりもない。
 何があっても俺らはKAT-TUN」
(かめ)

「いろんなことあったけど、正直もう前に進みたい。
 ファンの人にも進んでほしいからそういうライブにするつもり」
(うえぴ)










。・゚・(ノД`)・゚・。






そーゆうライブになってた!!!!!!なってたよたっちゃん!!!!!

特に最後の「PHOENIX」からの「FIRE and ICE」!!!
ペンラ持ってることも忘れてただボー然と立ち尽くしてしまうあの演出…!!!!

そして「僕なりの恋」のあの色付きのちっちゃい噴水も半端なく可愛かった!!!
出来んじゃんKAT-TUN!やっぱできるコ達じゃないのKAT-TUN!!!

ライブでひっさびさにかんなり興奮しました。
楽しませることはジャニーズのオハコだと思うから、それはどのグループでもできるけど
あの鳥肌立つような(良い意味での)威圧感とか金ちょーーーかけてんな!的なステージは
KAT-TUNならではだと思うの!!!あーーーこれがKAT-TUNやなぁぁぁと。

ほんとにね、私もいい加減前に進みたかったの…ありがとう。と心から思ったし
実際グイッと気持ちを戻された感覚がありました。・゚・(*ノД`*)・゚・。


そして2日初日のみ勝詣に行き(3日から仕事だったので…ていうか休出だったんだけど><。)
過去と向き合うKAT-TUNにどっぷり浸かり、わちゃわちゃに癒され、
今日急きょ仕事がおやすみになり、シューイチ見てまたしても
うわぁぁぁん(。´Д⊂)となり思わず筆を執って…いえ、PC前に向かってしまいました。


年末年始、西へ東へKAT-TUN漬けになっていた方々。
たぶん想像以上に明日からの仕事がキツイと思われるでござるよ。
わたくしダルさと戦いながら余韻に浸りつつ2日間ふわっふわしてました。


まーこれからも以前(~2009年)みたいな応援の仕方はできないと思います。
あれは自分の状況とあちらの状況と重なって出来た奇跡みたいな時間だったし。

今日もかめののどごし野球をありがたいことにお誘いいただいたのに、
明日からの怒涛の忙しさに備えて体力温存を選択しました。
前はいかないっていう選択肢すらなかったけど、
そーゆう選択するくらいにはとてもよい距離感を保てています。
私は今のこの距離感がとても心地よくて好きです(・∀・)


これからも末永くふわふわと応援していきたいなと思ってます。
過去も今もひっくるめて、今のKAT-TUNが好きだと本音で言えるようになった
そんな2014年の始まり。



どうか良い1年になりますように。





久し振りに覗いたら、うわっ、「パパ西くん」じゃない!
きょんさん更新ありがとうございます。って、1ヶ月も経ち今更ですが。
月影別館さんの方にも時々お邪魔はしていて、飲んべえなきょんさん身体こわさないで、と心配しておりました(笑)
きょんさんのお気持ちが聞けてよかったです。
私もたまには涙流しながらでもいいやと思いながら、KAT-TUNのコンサートを楽しみにしています。
もうこのコメはきょんさんには読んでいただけないかもしれないけど、綺麗なお月様を見ると、きょんさんを思い出すオバサンがいるのです。もしかしたら、大好きな照明の勉強をするために東京に来てお仕事されてるのかな?なんて勝手な想像しながら満月を見ています。
【2014/02/08 11:54】 URL | michiko #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/28 20:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/21 15:33】 | #[ 編集]
はじめまして!この間,ふとKAT-TUNの過去記事を読みたくなって
検索していたときに,きょんさんのブログに出会いました。

本当に書いてらっしゃることがあぁ~と納得するばかりです。
今回は残念ながら,カウコンも勝詣も参戦できなかったですが,
また,カツコンに行って,あの圧倒的な世界にどっぷりとハマりたいです!
【2014/01/21 11:11】 URL | yukky #PTRa1D3I[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/19 22:48】 | #[ 編集]
私は1年前から仁亀ヲタになりました!!リアルタイムで何のアクションもない中、過去のエピソードやLIVE映像などからあっという間に2人にハマってしまいました♡これだけのパワーを持つ仁亀。やはり最強のシンメだと思います!!そのきっかけとしてこちらのブログのバックナンバーを見返させていただいたことも本当に大きいです!!2人のファンになって切ないことは多いですが、今まで誤解していた本当の仁亀を知ることができてよかったと思っています!!そしてきっかけをいただいて本当に感謝しています(´;ω;`)そして、今のKAT-TUNはまた応援したくなるようなグループに次こそ本当に進み始めたように思います!更新楽しみにしています!!
【2014/01/10 00:48】 URL | jin♡kame #-[ 編集]
久しぶりの更新!!

ずっと、きょんちゃんの書く言葉が好きで読んでたから嬉しいです。


私は今回のライブは参戦出来なかったけど、またライブをする時は生で今のKAT-TUNを見たいです。
【2014/01/07 22:30】 URL | みん♪ #-[ 編集]
消えてくれました!スポンサーサイトさん!!
きょんさんの言葉はいつも私の言葉にできないモヤモヤを晴らしてくれます。
同じ気持ちですよ。逆にきょんさんの言葉でそうだよ!って気づかされることも。
やっぱりKAT-TUNが大好きです。ね。
これからも月影ちょくちょく見に行きます!
今年もよろしくお願いします♡
【2014/01/05 17:34】 URL | みお #Pm/RtH7o[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 月影グラナデン―KAT-TUN亀梨和也・赤西仁中心 仁亀族ブログ―, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。