admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6年前の少クラでKAT-TUNが「卒業」歌う前に
聖が朗読した詩がすごーく印象的で
今でも鮮明に覚えてるんだけど。



これからの二人が別々の道を歩むことを

哀しいなどと思わないでね?

だって二人が同じ角度で同じ方向へ歩いてたとしたら

出会うことさえなかったはずだから







だけど哀しいよ。
そんなに簡単に割り切れないよ。

正式発表がどーのとか、そんなのはもうどうでもいいの。
とりあえず今回の件に関しての今まで黙ってた気持ちを、
出来るだけ素直に書き連ねようかと思います。





この前の6月、熊本公演に行ったときに、
一つ感じたことがあるのです。



「今」の5人のKAT-TUNに
「今」の赤西仁はいなくても成り立っている。


あれほど“6人”に“仁亀”に“過去”に執着してた私にとって
それはとてつもなく革命的な出来事で
ある意味前向きな一歩でもあり
そしてある意味…すごーく寂しさを感じた瞬間でもありました。

この人達について行かなきゃ。
どんなカタチになったとしても。

たとえ5人になったとしても。


自分でもびっくりするくらいそう強く思えたのは、紛れもなく5人の力で。
5人がそれだけ私達ファンのことを想ってくれて楽しませてくれたから。


さすがKAT-TUNだ、と思いました。


いつも規格外で個性的で予想外のことばっかり起きて…
だけど、もしかしたら、本当はずっと寂しかったのかもしれない。

特に「赤西仁」については、
それが個性だって、いいところだって、そう言い聞かせてきたけど
「なんで素直に応援させてくれないの」って思うよーなこと言ったりして
なのにソロのときにはそんなに楽しそうにして。

KAT-TUNは嫌?KAT-TUNではやりたいことやれない?
KAT-TUNは楽しくない?KAT-TUNではそんな態度しかできない?

それじゃあもう。それぞれ目指すべき道が違うのであれば、
もう別々の道を歩んだほうがイイんじゃないかなって。
友仁での彼の凄さを存分に見せ付けられた後だったからこそ
長い目で見れば、KAT-TUNを抜けたほうがお互いの為かもしれないなって。

そう感じたのが、ちょーど1ヶ月前のことでした。


ただね。

こうあって欲しいのに、っていう願望ばっかり押し付けて
思い通りにならなければ「じゃあ抜ければ?」って思ってしまった自分に
すごく落ち込んでしまったこともあったけど。
ごめんねって何度も思ったけど。

やっぱり私は「KAT-TUN」が一番大切なんだもの。
どんな理由があろうと、KAT-TUNに二度も迷惑かける人は、もう知らない。
二度目はないよって、怒りのほうが大きかったのも事実で。




だけどなぁ。



それでも好きなんだもん。ね。

ちょーど3日前くらいに、なんの虫の知らせだったのか
突然少クラのHesitateが見たくなって
見てたらなぜかどーしようもなく泣けてきちゃって。

今の赤西仁がすきなのか、過去の赤西仁に縋っているだけなのか
自分でもよくわからないけど。


頭で考えるよりも、心が体が勝手に反応してしまうのはどうすればいいんだろ。
あ、声が聞こえない。仁亀ハモリがない。亀の隣に仁の姿がない。
ライブ中、何回思ったかな。

ファンになってからのこの丸8年間、毎日毎日見聞きしてきた声や姿を、
瞬間的に探してしまうのは仕方ないじゃない?
身に染み付いてしまった習慣は、そんな簡単には抜けないよ。


頭でわかってても、心がついてかないんだよ。
何年見続けてきたと思ってるの。
どれだけの思い出があると思ってるの。


KAT-TUN好きになってからの、いろんなこと。
走馬灯に様に思い出しちゃったら
どーしようもなく哀しくなったんだよ。


いつどこでこうなっちゃったのかなぁ。


もう覚悟はしてたハズなのに。
ケジメつけるのなら早いほうがいいとさえ思ってたのに。

「今」は哀しくって仕方ない。
気持ちを切り替えるには、もうちょっと時間をくださいな。




ごめんね。




それでもKAT-TUNが大好きだよ。








このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/15 08:09】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/08/10 12:55】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/03 20:24】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/08/02 00:29】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/08/01 20:42】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/31 13:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/29 05:58】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/28 07:13】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/27 13:38】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/26 10:44】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/26 00:42】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/25 23:02】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/25 15:34】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/25 08:46】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/25 01:05】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/25 01:00】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/25 00:30】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/24 22:08】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/24 21:23】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/24 21:21】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/24 14:55】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/24 00:36】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/23 01:47】 | #[ 編集]
初めてコメントさせて頂きます。一つだけ、この場をかりて一言いいですか?ジャニーさんが脱退宣言して二日後に赤西くんのマニュ、そしてその翌日五人のCMまたその翌日五人と赤西くんのジャニーズネットからの動画配信とたて続きにあり、どう考えても六人の意向もあるでしょうが大人の事情たっぷり感丸出しだと思いませんか?もしかしたら、3月に結果が出てたんじゃないかと~そう思うと六人それぞれ苦悩があったんじゃないでしょうか?長々とすみませんでした。
【2010/07/22 23:32】 URL | TOKO #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/22 18:41】 | #[ 編集]
初コメです。



寂しいです。
KAT-TUNのAが仁じゃなくなるなんて…。


でも、6人でいた頃の思い出は変わらないから、KAT-TUNとして10年近く、途中 5人のトキもあったけど、この10年は本当に夢のような日々でした。



だから、KAT-TUNを抜けても仁は仁らしく頑張ってほしいです。


それにしても、仁の笑顔はものすごく無邪気だったなぁ
【2010/07/22 16:43】 URL | レナ #-[ 編集]
いつもこっそりと拝見させていただいております。
KAT-TUNファンになって初めて読ませていただいたのが
きょんさんのブログです。
正直KAT-TUNを知った当初(2002頃)仁亀の二人が苦手でした。
でもKAT-TUNというグループには興味があって、少しずつ少しずつ
時間はかかったけれど、だんだん好きになって行きました。
それでもやっぱり仁亀の二人への苦手意識は消えなくて・・・
でも二人の重なる歌声は素直に大好きだと思ってました。
それである日何となく“仁亀”で検索かけた時にきょんさんのブログに出会うことができました。
きょんさんのブログを読ませて頂いてから、あっという間に
仁亀のこの二人の魅力に魅せられて、苦手意識が嘘のようにあっという間に吹き飛んで二人のこと大好きになりました。
知ろうと興味を持つ前に苦手意識を持ってしまい
二人の魅力に気付こうとすらしなかった日々を
何やってたんだ自分!と、とても勿体無く思います。
確かに苦手だと感じていたのに、今KAT-TUNが6人が心から大好きです。興味すらなかった人を、苦手だと思っていた人さえ惹きこむ魅力を持っていると思っています。実際自分が体験したので。
今回のこと沢山たくさん考えました、色んなこと思いました。
哀しすぎるし、寂しすぎるし、色々な想いが込み上げてどうしようもありません。だけど、大好きなんです。
KAT-TUNがロクーンが大好きなんです。仁亀が大好きなんです。
どんなに考えても、何を思っても大好きなんです。
大好きなものと大好きだと思えることって素敵なことだと思います。そんな素敵な思いをくれてKAT-TUNにとても感謝してます。
そして、仁亀の魅力を気付かせてくださったきょんさんにもとても感謝しております。ほんとうにありがとうございます。
何があっても、6人がこれからどんな未来を歩もうと・・・
KAT-TUNがロクーンが一人ひとりが、仁亀が大好きです。
これからもKAT-TUNについていこうと、ついていくと思ってます。
気持ちを整理するにはどう考えても時間が沢山必要だけれど、その想いだけはかわりません。
けれど、やっぱり哀しくてたまりません。寂しくてたまりません。
大好きなんだからこの想いはどうしようもないですよね・・・

長々と失礼致しました。
きょんさんのKAT-TUNへの、仁亀への想いを紡いだ言葉が
心から大好きです。
【2010/07/22 11:35】 URL | モモ #X.Av9vec[ 編集]
はじめてコメさせて頂きます。
きょんさんの話を見て、他の方のコメもみてたら私もかきたくなっちゃいました><


2度目に渡米したとき、『じんはゼッタイ帰ってくる』って周りにはゆってたんですけど、なんかもう帰ってこない気がしてて、、、
今年のライブに参戦したときも、「あぁ 亀の隣には仁がいない」って、「亀の横が空いてるよ・・・」ってずっと思ってて、
でも、それでも、素直に楽しんでる自分がいたんです。
素直にKAT-TUN好きだなあって思ってる自分が居たんです。

仁がいなくても。かめの隣にじんがいなくても。
それに気がついたとき、今KAT-TUNは5人でがんばってるんだなって、5人としてがんばってるんだなって思ったんです。
そして、ここに仁はもどってこれないんじゃないか って。


WORLD BIG TOURの前の会見での亀の発言と、亀のあの顔で、
いつからこんなことになってしまったんだろうと 思いました。
なんだか昔のろくーんはウソだってゆってるみたいに聞こえました。

確かに、仁ひとりとしての魅力は大いに発揮できるかもしれない。
でも、その前にあなたはKAT-TUNの中のひとりでしょって、何度思ったことか。
そして、きょんさんのように
そんなにソロがいいなら辞めてしまった方がいいと
私もおもったこともありました。


それでも、私はずっとKAT-TUNでありつづけてほしかったです。
KAT-TUNの中のAが KAが一番だいすきでした。

亀の本当の気持ちは分かりませんが、
KとAとしてもうかれこれ12年ほど。それを亀がひとり負うなんて、とても重すぎるような気がします。
それぐらいの、たくさんの想い出があるのは仁亀ファンならきっとだれでもわかることです。

私たちがわかる範囲でもたくさんあるんですから、きっと本当の二人には計り知れない数の過去と思い出があるのでしょう。
本人たちが覚えていないとしても。


真実は部外者の私たちにはなにひとつわかりませんが
仁もKAT-TUNも、『申し訳ない』って謝るのはやめてほしいです。




私はこれからも変わらずに
6人全員を応援していきたいとおもっています。

長々と失礼しました。
【2010/07/21 21:57】 URL | あんず #ZQHR2uUw[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/21 21:19】 | #[ 編集]
初めてコメします。

私は今の今まで自分のできることを考えてました。

その答えは見つかりました。それは、今までどうりkat-tunを

変わらぬ愛で愛して、仁の応援もする。

頑張れ!は、まだ、ケジメとして言えないけど、

いつか言える日が来るまで頑張っていきたい

このことです。

たとえ亀の隣に仁がいなくても。

平気ではないけど、つらいけど、

私にできるのは見守ること。

だからエピソードを消さないでいただきたいです。

長々すみませんでした
【2010/07/21 20:52】 URL | 舞 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/21 15:07】 | #[ 編集]
きょんさんのブログ大好きです。
いつも楽しく見させていただいていますが、今回初めてコメントさせていただきます。

私も仁を責めて、そんな自分を責めて。
そんなことがありました。
きょんさんが言うように、自分が好きなのは本当に今の仁なのか。それとも昔の笑顔でいっぱいで、ヘタレで不器用で。でも人一倍あったかくて優しくて。

時々今の仁がどこか変わってしまった気がして。ずっと変わらないでなんて言わない。だけどやっぱりやり切れなくて見て見ぬふりして。正直仁の言葉や態度に傷ついたこともありました。
それでもやっぱり大好きで。傷ついてもどんなことがあっても。今もずっと仁も亀もKAT-TUNもどうしようもなく好きで。

だから誰も責められなくて。誰を責めていいのかわからなくて。

仁の歌を聞くと思ってしまいます。国内に留めておいたらもったいないと。そして本人の昔からの夢。本気で夢を叶えようとしたら、グループを続けながらなんて甘くないかもしれない。だからいつかこんな日が来ることを、本当はどこかで予感していました。

大好きな人がずっと抱いていた夢を追ってる。そして残されたメンバーがKAT-TUNを守ろうと必死で頑張ってる。ほんとはメンバーが一番辛いのに。今どんな思いで歌っているのか。

ずっといっしょにやってきた6人。だからその6人がたどり着いた答えなら、受け入れてあげたいとも思う。
だけどどう自分に言い聞かせようとしても、KAT-TUNはこの6人以外ありえなくて。
奇跡みたいな6人だから。ずっと6人がよかった。ずっといっしょに笑ってほしかった。ずっとそばにいてほしかった。隣で歌っていてほしかった。
6人で世界を目指してほしかった。ほんとにすごい6人だから。

ファンの勝手な考えなのはわかっているつもりです。だけど6人が年に一度コンサートの時だけでもよかった。そのとき少しでもKAT-TUNで笑ってくれたら。それだけなのに。なのにどうして。

ソロ活動は反対しません。むしろ頑張ってほしい。
だけど。それぞれがソロ活動しても、がむしゃらにKAT-TUNっていう場所は守ってほしかった。

今はまだ気持ちの整理がつきません。

仁の"ごめん"よりも、"ありがとう"よりも、"楽しかった"の一言がつらいです。
【2010/07/21 12:34】 URL | さゆり #AYOBYJig[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/21 12:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/21 11:15】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/21 10:03】 | #[ 編集]
きょんさん、こんにちは。いつも楽しみに読んでるのですが、コメするのは2回目くらいかも(苦笑)
きょんさんの思い、みなさんの思いがすごく胸に響いてきます(涙)

今、仁マニュを読んでホッとしてる自分と諦められない自分がぐちゃぐちゃ混ざってどうしようもない状態です(笑)

ここ最近はずっと心のどこかに不安を抱えたままの状態での応援だったから、KAT-TUNが大好きなはずなのに苦しかった(涙)

色々書きたかったのに、思いを文にするのって難しいですね。

今は過去映像の旅にでてます。号泣中です。

いっぱい泣いて泣いて、みんなを前向きに応援できる気持ちに持ってゆきたいです。
時間がかかるだろうけど(苦笑)
【2010/07/21 09:32】 URL | ぱそ #-[ 編集]
寂しくてたまりません…
なんでもいいからKAT-TUNには籍を残しといて欲しかった。
この何年もKAT-TUNを追いかけてきて仁亀が大好きでそれをもう見られないのかっと思うと…。
私の待ち受けは6人が笑ってる写真です どんなカッコつけてる顔より6人が笑ってるのが大好きでした 『亀戸~』の笑顔が大好き、最近でもないんですが(^^;近年だと女性週刊紙の昨年のカレンダーのオフショットの笑顔、こんな6人の顔がまた見れる日を待っていたんですけどね

実は ドッキリ だよ とか言ってくれないかな…(ノ△T)

KAT-TUN全員好きだけど中でも赤西くん、な私にはじゃあこのあと誰にする、私がアリーナツアーから東京ドーム参戦してきたのも今思えば『ここに赤西くんがいたらどんなかな』目線だったみたいです。戻ってくる前提でそう見てたんだなって。
東京ドーム2日間、心から楽しみたいのに出来るかな、5人だって色々思うとこれはあるんだろうけど、前に進まなきゃいけないですもんね。
赤西くんがLAで成功して、KAT-TUNもアジアを成功させて、お互いに感化されながら成長していく彼らを応援していくっきゃないですね

今は、まだつらいけど、時間が解決してくれるのかな……。
【2010/07/21 08:37】 URL | なみお #-[ 編集]
きょんさん、仕事、とっても忙しそうだったから、5人でツアー、1人LAの発表後、エントリーあげるの極端に減っちゃっても、新社会人頑張ってるんだなと応援していました。

でも、今回は‥‥

私はごくせんで仁亀好きになったので、それ以前の仁亀エピソードは、きょんさんの過去発掘で知りました。
きょんさんが発掘エピソードあげてくれたのも、仁がLA留学しちゃったからだったんだけど。

私、きょんさんのブログで、ヘタレな仁や、ジャイアンな仁、お兄さんな仁‥‥いろんな顔の仁を教えてもらえた。

今回の5人のアリーナツアーが、一つにまとまってすごく感動したのも、秋になったら、また6人に会えるのを信じていたから。

一日のうちでも、気持ちが色々動いて、受け止めるには、まだまだ時間がかかりそうです。

今日は、素敵な仁をいっぱい教えてくれて、ありがとうと、きょんさんにいいたくてコメしました。
【2010/07/21 08:36】 URL | michiko #-[ 編集]
こんにちわ。
毎日きょんさんのブログに目を通すのがここ何年かですっかり日課になっています。

長年仁亀を見てきたきょんさんのことを思うと、勝手に心配したり、すごく不安になります。
きょんさんの仁亀観が大好きなので、きょんさんの言葉をもっと聞きたいです!


私は他のメンバーのファンですが、このブログを見つけて以来仁亀の魅力にどっぷりハマり二人揃った姿を見ると、自担<仁亀となってしまうほどでした(笑)

仁ファンでも亀ファンでもない私ですが、仁亀揃ったときの何とも言えない感覚には正直中毒みたいなところもありました。
素敵なシンメはたくさんいますが、こんなに相乗効果があって、1+1=2ではない!と強く思わせてくれるシンメはに他にいません。

二人が隣同士になることはしばらくないのかと思うとすごく寂しいですが、こんな思いきった決断ができるのもさすが仁亀!という思いもあります。
お互いのことが痛いくらいわかってしまう二人だと思いますので、その二人が(メンバー六人が)出した決断を受け入れて、これからも応援していきたいと思います。

仁亀不足になったときは今まで通り、このブログの過去の記事で補給します!笑
【2010/07/21 07:11】 URL | ゆい #-[ 編集]
はじめまして、こんにちは。初めてコメントさせていただきます。どのブログにもコメントした事はなくて、私にとっては本当の初コメです。
きょんちゃんには感謝してるんです。きょんちゃんの文章で何か愛しいと思うべきエピソードを愛しいと思ったり、特別な事を特別だと知る事ができたから。カナシミブルーも、って兄貴みたいにいってくれるも。
友達に借りた「たったひとつの恋」を観て弘人を好きになって、でもジャニーズの誰かを好きになるのが初めてで、何だかハマり過ぎないようにセーブしてて。でも結局カツカツ観たりしてたらかめちゃん大好きになっちゃって。
そこから二年くらい。色んなブログ見たりする中で好きなブログも好きな人も何人かできたけど、月影ときょんちゃんは特別です。
自分が好きな文章も、その文章を書く人も、例えばそれがどんなふざけた文章でも、読むチャンスがあればちゃんと直感で好きだってわかる、で、見つけるとすごい嬉しい。月影グラナデンは、私が初めて見つけた好きなブログです。「私にとってのKAT-TUNと月影グラナデン」で作文、書けると思います。
なのに私はきょんちゃんに何も言える事がないし、渡せる何かもなくて申し訳ないです。ただ、新しい、忙しい毎日を送るきょんちゃんを、遠くから応援しています。
沢山仕事して、よく食べてよく飲んで、眠れるときにいっぱい寝て、好きな事を沢山して、楽しい日々を過ごしてください。心から。
【2010/07/21 06:54】 URL | ビニール #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/21 06:07】 | #[ 編集]
はじめまして。
きょんさんのブログにとても心討たれたので、今の私の気持ちも書かせてください。
いきなりすみません。

どうしたらいいんでしょうか?
6人じゃないKAT-TUNなんて想像するだけで吐きそうなほど苦しいです。
ドームでペンラを一斉に赤にするとか、署名活動をしてるファンがたくさんいますね。
これだけファンは想っているのに、なんで?
「脱退はない。」
仁の言葉は嘘だったんだ。
自分から発信されるものだけを信じてほしい、そう言ってたのに。
それを信じて支えにしてきたファンを、あんなマニュアルでばっさり裏切っちゃって。
仁の言う通り、仁が言った「脱退はない。」を信じてきたのに。
「個人が色々な場所で吸収したものを発揮するところがKAT-TUNだ」って亀ちゃんも言ったよね?
なんで山pや他のジャニみたいにソロ活動してるだけなのに"またかよ。""許されない。"ってなるのかな?
マニュアル読んでて仁は本当は辞めたくなかったんじゃないかな?って思ったりした。
魂でも亀ちゃんや聖が涙流しながら歌ったのに、これが亀ちゃんの言うベストな形なの?って。

今のKAT-TUNは諦めようとしてませんか?
なんだか誰ひとりからも本心ではないような事ばかり聞かされてるようでなりません。
6人を助けてあげるのは私達-(ハイフン)ではないでしょうか?
私達に何かできることってないのでしょうか…………(:_;)
【2010/07/21 04:23】 URL | ゆう #-[ 編集]
私の中ではやっぱり仁と亀ちゃんはセットみたいなとこがあって仁本人からソロ活動って言葉を見たらやっぱりやっぱりかぁって涙が止まらなくなりました。いつからこんな風になっちったんだろうね…昔はまるで双子みたいに仲良かったのに…人は成長すれば変わって行くものだから仕方ないのかな…でもやっぱり亀ちゃんの隣には仁が居てほしいって思います。もう見られないんだって思うとどうしても泣けて仕方ないんです。これからも五人のKAT-TUNと赤西仁をずっと応援したいと思います。だけどやっぱり淋しい(ノ_・。)よ
【2010/07/21 01:08】 URL | なおっち☆★ #-[ 編集]
きょんさん、はじめまして。私は、仁君大好きなものですが…、私が仁君を好きになって初めてはまったブログがきょんさんのブログです!
仁亀発掘とか大好きで、過去のKAT-TUNを知らない私にとっては、とても嬉しかったです。そしてきょんさんが書く仁君に対する思いが大好きでした!
だから最近、もちろん仕事も忙しくなって大変なんだろうなぁと勝手に思ってる反面、仁君の事をあまり話題にせず、誕生日もついでの様に書かれた事、とても寂しかったです。でもやっぱりきょんさんは亀担で基準は亀ちゃんなんだからしょうがないとこれまた勝手に思ったりしてました。
でもきょんさんは、私以上にKAT-TUNを大好きで、仁亀を好きなんですよね!?
だから、すごく勝手な事を言うけれど、仁君を許してあげてほしい…。というか嫌いにならないでほしいなって。
きょんさんもここに書けない思いがたくさんあることもわかります。見ず知らずの人にこんな事をかかれて嫌になってしまうかもしれませんね。ごめんなさい。今回だけは、コメントさせていただきました。m(__)m
【2010/07/21 00:23】 URL | kari #-[ 編集]
KAT-TUNが大好きです!!仁亀が大好きです!!
でも・・・もうロクーンが見られない・・仁亀が見られない・・仁亀のハモリが聞けない・・KAT-TUNである仁が見られない・・・考えれば考えるほど悲しくなってきます・・・

もう・・・KAT-TUN・仁の未来は変えられないのでしょうか?

ダメですよね?欲張っちゃ・・今のこの現実がロクーンの出した答えだから・・

でも・・・もし考え直す可能性がロクーン、社長にわずかでもあるのならそれを祈りたい・・・



気持ちの整理が当分尽きそうにありません・・・8月22日のライブ☆初参戦です!ワクワクしていたのに・・楽しみにしていたのに・・こんな複雑な気持ちになるなんて・・想像もしませんでした・・・仁がライブ後に戻ってくると信じていたのに・・悲しいです・・・
一度でいいからロクーンの姿を生で見たかった・・・

22日笑ってKAT-TUNに会えるだろうか・・・

最後に・・・
A=赤西仁は私の中では永遠に不滅です!!!



【2010/07/21 00:20】 URL | ぽん #-[ 編集]
デビュー当時、雑誌か何かで仁くんは自分のことをKAT-TUNの癌だと言ってました。それを読んだ時からこんな未来を予感していた気がします。ぶれないヤツだぜ、赤西仁。民主党に入ればよいのに。
5人のKAT-TUNで生き残ることが出来る程芸能界は甘くないと思います。今以上に落ち目のKAT-TUNを見るのはつらすぎます。いっそ解散して欲しいです。
亀ちゃんの横が田口なんてイラッときます。
ジャニーさんはキスマイに乗り換えたのですね。
【2010/07/20 23:15】 URL | とも #-[ 編集]
通りすがりの者です。
あたしも仁くんのファンで仁亀が大好きです。

あなたの想いに共感しました…とても。
KAT-TUNが好きな分、どうして…という気持ちと、その方がいいよ…と気持ちが激しく入れ替わる毎日で、嘘であって欲しいと、やっぱり想ってしまう。
もう、戻らないだろうなと、思いながらも『KAT-TUNやめません。』と言った一言を自分の中の励みに信じてきたけど、脱退報告にドン底に突き落とされた気分です。それでも、赤西仁を応援したいと、KAT-TUNを応援したいと、惚れこんでしまっている自分。なのに何かがモヤモヤしたままです。

あたしも、時間がかかりそうです。きっと沢山いることでしょう。


なんか、すみません。うまく表現できなくて。


通りすがりの者でしたm(__)m
【2010/07/20 22:08】 URL | あい #RSx9Hk0E[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/20 22:05】 | #[ 編集]
お久しぶりです。
07年3月27日のきょんさんのブログを読みました。仁さん自身が「誰が抜けてもダメ。KAT-TUNは6人でKAT-TUN。」って言ってるのを読みました。あの時とは状況も違うんだろうけど、やっぱり6人がいいなぁ。と、思ってしまいます。
【2010/07/20 21:24】 URL | そめこ #-[ 編集]
仁は仕事で行っただけ
一人悪者にされているって考えてる仁担さんがいるけど
ぴあEXやFREECELLの5人のインタビューを読んで欲しいです
仁のソロ活動がただ単に仕事で行ってるって簡単なことではなく
私たちファンの知らないとこではものすごく沢山の出来事があったんじゃないかということがわかります
特にFREECELLの聖のインタビューの今のKAT-TUNの状況について
「もし30とか35でこれを経験したら立ち直れないと思うけど
今だから建て直せるし今だから持ちこたえてる…」
この言葉は単にメンバーがソロ活動してる状況だけじゃ出てこないと思います
私はこのインタビューを読んだ時に5人にファンには分からないKAT-TUNの存続に関わる大変なことがあってKAT-TUNを守るために一つになったんだと思いました


アリーナツアーでファンにいつも謝ってた聖や亀の気持ち
不安な中でも笑顔でライブをやってくれた5人の気持ち
仁だけが悪者にされてるとか
5人を責める仁担さんにはぜひ考えて欲しいです

きょんさん長々スミマセン
【2010/07/20 20:42】 URL | 美月 #Hpwl6DqI[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/20 18:02】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/20 17:03】 | #[ 編集]
こんにちは、はじめまして。
ずっときょんさんを見させていただいていて、
きちんとした整理された、ほんきの記事が好きで、
でもこの事件ではじめてコメントをさせていただきました。
なんでかって、たぶん、わたしはふだん自分がどれだけKAT-TUNが好きかって、語るようなひとでなく、だけどどうしてもこの件については、じぶんひとりでは消化できずにいるのです。
長いし、ただきょんさんと思いを共有できたらって思ったので、公開しなくても構いません。

きょんさんが書いている、どれだけの思い出があると思ってるの。
すごく共感できて。
新しいアルバムが出たときも、前に仁が抜けたときとは違って、もう聴く前から聴くのがいやでいやで、こんなこと初めてでした。1週間もしてからやっと聴いて、それで、6人と5人が入り混じったアルバムを聴きながら、なんとなく、ああもう仁と亀2人の声が重なることはないんだろうな・・・ってなぜか思ってました。そしてそれがものすごく悲しかった。
いまでも、悲しい。
いくつもいくつも場面が浮かんで、17,8の仁だとか、デビュー直前の6人だとか、ごくせんの頃だとかライブ、歌ってるところ、ダンス。ぜんぶ、「過去」のものに感じます。
昔の曲でも、映像よりも聴くほうがちょっとしんどいです。

KAT-TUNが好きです。さみしくて、悲しいです。
5人でいても、好きです。
【2010/07/20 11:03】 URL | アイ #-[ 編集]
時間が経って気持ちも落ち着いてきました。
改めてきょんさんの言葉を読み返し深い想いが胸に響きました。
私は去年の『アンコール無し』の回、『アンコール出て来ない』回、両方入っていました。
内容も楽しくなくて『こんなコンなら二度と来たくない』と思った程、皆気持ちがバラバラに感じました。
それに対して今年のコンは皆さんが言っている様にメンバーの気持ちがひとつになっているのがヒシヒシと感じられました。
凄く楽しかっただけに脱退の話は初め納得出来る事でした。
でも時間が経つうちに『ナゼ?』『どうして?』が強くなり自分でも戸惑ってしまいました。
当初メンバーが『2way』と言ったのならどうして『2way』を通してくれないのかな?って。
だってKAT-TUNって企画外のグループなんでしょ。
昔SMAPが『ドラマ班&バラエティー班』と分かれいたように『海外班&国内班』とでもしてくれて、例えば何年に一度ライブとかやってくれたら良いのに…とか。
やっぱり二度とあのハモリが聞けないなんて考えられません。
又、Jさんの考えもわかりません。
何故『現時点での』と前書きする話をしなければいけなかったのか?
とにかく秋の?正式発表までまた待たされる事になるんですね。
只、今一番辛い思いをしているのはメンバーではないでしょうか。
言いたい事が言えなくて…
今は始まったばかりのワールドツアーが無事に終わる事を祈ります。
すみません。
言葉が上手く使えなくて
【2010/07/20 07:00】 URL | 亀雪 #-[ 編集]
きょんさんの書く内容、言葉、仁亀ネタが大好きでいつも読ませてもらってます。初コメです。
仁亀、ロクーンが大好きな仁担です。
今回の事、たぶん受け入れなきゃいけない事実なんだと頭ではわかってても、心がついていけない…まだ受け止めきれない…涙が溢れてくるばかりです。もしかしたら5年後のKAT-TUNに仁はいなかったかもしれない…いつかそんな日がくるかもしれないと……でも、この時期に!?なんで……
皆が言うように夢も6人でやっていくっていう道も両方掴みにいって欲しかったって…でも今回そんな選択肢与えられたのかな…仁の意思で選ぶ事できたのかな…2WAYでやってくって決めたのも仁だけの意思じゃないはず、それを2度目はないとか…正直訳わかんないです
仁も5人もこのタイミングは不本意だったんじゃないかな…ただどんなかたちになったとしても6人の絆はこれからも途絶える事はないと信じてます。
規制の多い事務所の中で例え本人達が語ったとしてもそれが全てではないと思うから…
スミマセン長々と…ロクーンが大好きです!
1人と5人まとめて応援する!!
【2010/07/20 01:38】 URL | あん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/19 22:33】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/19 20:07】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/19 19:07】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/19 16:14】 | #[ 編集]
きょんさん、(>_<)泣き泣き 
気持ちがとっても伝わってきましたよ~
【2010/07/19 16:09】 URL | しょーこ #-[ 編集]
はじめまして。
もう何年もブログを拝見させていただいてましたが
コメントをするのは初めてのことです。
そして最後だと思います。

いたいけない文章かと思いますが
読んでいただけたらうれしいです。

赤西脱退について割りきってる人や
割りきろうとしてる人が多いなかで、
私はやっぱり割りきれないままでいます。

割りきったら、諦めたらほんとに終わってしまう気がするんです。
でも、今もうほとんどの人たちが彼らの決めたことなら...と言ってます。
それが本音ならしょうがないのかもしれない。
ゴクーン、新生KAT-TUN、そんな言葉を受け入れられているなら。
でも、人々は割りきってこれ以上傷付かないように予防線張ってるだけではなんじゃないんでしょうか?
かっこつけてる場合なんでしょうか?
聞き分けのいいフリしている場合なんでしょうか?
KAT-TUNのAを失ってもいいんでしょうか?
ほんとに失いたくないものは
どんな手使っても失ったらいけないです。
泣き叫んでもかっこ悪くても
失ったらだめなんです。
聞き分けのいいフリも大人ぶってかっこいいのも今その瞬間だけで後悔は一生です。
私はKAT-TUNの絆は私たちが思っている以上に深いと思っています。
だから、積み重ねたものが多い分KAT-TUN自身が後悔していくのではないかと思うと心が痛いのです。
彼らの心が心配で、彼ら自身がKAT-TUNでいることを投げ出したら、諦めたら、そう考えると苦しくて....情けないことです。
もし記者会見をしたとしても私たちにはきっと本音を見せてくれないし、何か作り上げた言葉でその場をしのぐでしょう。
それが"大人"という対処なのですか?
私の考えはガキなんでしょうか?
それとも、もう彼らもどうでもいいんでしょうか?
赤西くんが抜けて別に構わないんでしょうか?
しょうがないことなんでしょうか?
けどそんな風に思ってるとは思えない。
でも彼らの本音をわかりえることは出来ないし
私たちにできることは何もない。
結果しか聞くことは出来ない。
結果がすべての世の中で私は過程も大切だと思っています。
でもこれはほんとに乗り越えなきゃならないことなんでしょうか?
乗り越えていくべきことなんでしょうか?
とにかくみんな前に、前に進もうとするけど
そんなに前に進むことが大事なんでしょうか?
立ち止まることさえ許されないのはわかってます。
でもそれをすることは悪いことなんでしょうか?
こんなことを言っているけど
正直もう疲れています私も。
怒りもあります。
たくさんの感情があります。

5人の努力も知ってるつもりです。
赤西くんいなくても成り立たってるのもわかってます。すごいと思います。
それでも6人がいいです。
これは私のエゴですか?

KAT-TUNのファンが
1人1人考えや思うことが
違うのは当たり前だと思っています。
でも喜んでいる人がいたり
悲しんでいる人がいたり
怒っている人がいたり
悪く言う人や叩く人
どうでもいいと思っている人
これほど種類がいることに驚いています。
ファンの間で揉めたりしています。
KAT-TUNを、6人を見てきたなら
形は違えど辿り着く答えは一つだと思ってました。

ばかげたことを言ってるな、程度に思ってもらって構いません。
そしてこんなことをきょんさんに言ってすみません。
答えを探しても見つからないことくらいわかってるのに困らせて、不快な思いをさせすいません。
でも私、もう6年か7年ずっと1人で気持ち抱えてきていて、KAT-TUN友達というのもいないしずっとずっとずっと1人でした。でも赤西くんの留学の時、私は一度逃げました。
でも、逃げ切れませんでした。
私はコンサートにも行ったことないし、いつか行けたらなんて、いつかが来ない日がくるなんてわからなかったから....
だからいつも私は見ているだけでした。今もただ、見ているだけで何の力もありません。
たくさんの6人をたくさん見てきたけれど、もし5人になっても無駄じゃないですよね?
6人での今まで、嘘じゃないですよね?
これからも6人でやってきた事実やKAT-TUNの名の由来は世間体消えていっても、変わらないですよね?ずっと消えないですよね?
KAT-TUNに出会ってから最後までただ見ているだけだなんてファンとして最低ですね。
でもいつも大好きでした。信じていました。まだそれでも信じたいと思っています。


長々とすいません。
数あるブログの中でここ選んだこと許してください。
きょんさん、がんばってください。これからも。応援しています。
【2010/07/19 16:02】 URL | まい #lW3N8MEQ[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/19 14:30】 | #[ 編集]
はじめまして。いつも読ませていただいてます。

今回の件は、5人と仁の方向性の違いなのでは?
ジャニさんが一番わかってるのでは?

5人もジャニさんも仁に脱退を押しつけたわけじゃないと思います。
昨年から今年にかけて、仁のKAT-TUNでの仕事を見れば、もうKAT-TUN愛はないんだ!KAT-TUNが窮屈なんだ!としかとれませんでしたよね。
最初との話が違うとジャニさんのコメントに怒りをぶつける人もいるみたいですね。

何もかも本当の事をメディアにさらけ出しても、今以上に面白おかしく書かれると言うのはわかってますよね。

内情はジャニさんとメンバーと仁しか分からないのです。
簡単に決めた事ではないと思います。

彼らの出した答えを信じて、応援していくしかないのです。
【2010/07/19 12:50】 URL | みゆ #-[ 編集]
きょんさんこんにちは。きょんさんのブログが大好きでいつも読んでいます。今日もこんなときだからこそ読みに来ました。

私はいわゆる亀担ですが、今回のことにはかなりのダメージをくらいました。昨日は休みだったのをいいことにずっと部屋でめそめそ泣いてました。ファン友達ではなく学校の友達まで慰めてくれたりしてやっと落ち着いた感じです。

5人でもきっとやっていける。仁一人でもきっとやっていける。だってそれだけの力持っているから。でもそれだけじゃ6人のKAT-TUNにお別れするだけの気持ちの整理がつかないのも事実ですよね。きょんさんの日記読んで自分の心の中の説明ができたような気がしています。ありがとうございます。

調子のいい発言かもしれませんが、もし脱退することになったとしても、6人はKAT-TUNのことが好きだと信じています。彼らの発信するものだけを信じていくとそうとしか思えない気がして・・・

段々きょんさんへのメッセージなのか自分の思いを書いただけなのかわからない文章になってきてしまったのでここらへんで失礼します。長々とすみません;;
【2010/07/19 11:40】 URL | ゆり #ZQHR2uUw[ 編集]
仁君はKAT-TUNにとって必要な存在だと思います。
私、仁坦なんですけど、5人のKAT-TUNは何かが足りないと思う。
仁君がKAT-TUNを辞める。 その事はイャです。でも、仁君がそうしたいなら私はいいと思う。でも、まだ仁君からのコメントないから、ただ仁君を信じる事しか私には出来ない。
ジャニーさんは初めからこうするつもりだったと思う。 これから、KAT-TUNは赤西抜き! て そんな簡単にメンバーは納得するのかな…??ファンだって…。仁君は悪い事してないょ。ずっとKAT-TUNでいたいと思ってると思う。今、ファンがKAT-TUNを誰よりも支えて、背中を押してあげるべきじゃないのかな? もしかしたら、6人のKAT-TUNのために出来る事が最後になるかもしれないんだよ。今 何より一つになるべきなトキだと思う。今 ファンがみんなで一人一人諦めないでキモチ伝えればキセキがおきて、変えられるかもしれないんだよ?
KAT-TUNだよ?お前も出来るょ!


亀がユッチに言ったよね?

KAT-TUNのファンだよ?ファンだって出来るよ!


KAT-TUNのハイフンはファンじゃないかな?

KAT-TUNを繋いで一つになる。ハイフンはファンだと思うよ。


諦めないで、今 自分が出来る事 一生懸命しようよ!

【2010/07/19 10:38】 URL | レナ #-[ 編集]
初めまして
読み逃げばかりしています。すみません。

今回の件、今は何も考えられない状態です。
6人のKAT-TUNが大好きですから・・・。

でも一つだけ・・・
5人の記者会見の事ですが、WSも新聞もかなり編集されているみたいで少し誤解がある様に思います。

こちらのブログを読んでみてもらえませんか?

<A Href="http://ameblo.jp/himawarihiroyo/entry-10592962302.html">山崎寛代さんのブログ</A>
【2010/07/19 09:53】 URL | ASUMI #Xnq8k9Uo[ 編集]
コメントを読んでちょっと思うところがあり、一言書かせて下さい。

亀ちゃんたちの会見(囲み取材)はコンサート前。
質問も、あくまで「赤西くんがいない5人でのコンサートですが」というものでした。

それがまるで脱退に関してコメントしてるように都合よく編集されているんです(あのズムサタが特に…)。
これからコンサートだというのに、コンサートに関する質問に対して不安を感じさせるネガティブな発言をするわけないじゃないですか。
脱退に関してメンバーがあんなアッサリとした言葉で済ませるわけないし、脱退に関してのコメントなんてまだ誰もしてないですよ。

ジャニさんのコメントはあの囲み取材の後(コンサートの後)に出たんです。なのに、「メンバーが酷く冷たい」と誤解しているファンがいるのが辛いです。

詳しくは芸能レポーターの山崎寛代さんのブログに書いてあります。
きょんさん、誤解してる人のために取り上げと頂けると助かります。
【2010/07/19 08:36】 URL | あさひ #-[ 編集]
私がKAT-TUNを好きになったときは5人の時期でした。
けど仁君が戻ってきてキョンさんや昔からの6人を知ってる方のブログとかを読んで6人のKAT-TUNや仁君仁亀が大好きになりました。
5人は形だけで見れは始めと同じ形になるだけなんですが気持ちがついていきません。
コンサートに行ってパート割の変更とかもあっここ仁君が歌ってたな
とかダンスのフォーメンションとかもどうしても面影をみてしまいます。
私は亀担なのでKAT-TUNのファンは辞められないけど今はどうしても影がチラついてKAT-TUNを見るのが辛いです。
仁君の最近の発言とか態度には正直傷ついたこともありましたが
今までに幸せな気持ちにしてくれたこともたくさんあります。
心配かけられて傷ついてもいいので6人で居てほしかったです。
【2010/07/19 02:29】 URL | ayamaru #-[ 編集]
はじめまして。
公式発表ではないですが脱退には納得できます。N.M.Pというアルバムタイトル通り「もう苦痛はいらない」けどNが反転してるのは痛みがなければ成長できないと。痛みの元は仁君。3歩進んで2歩下がるのも仁君のせい。落ち着いてなかったのも仁君のせい。ですよね…
なんで初日に脱退なんていうのジャニさん(怒)と思いましたが、17日のコンサートでファンの大きな声援と一体感に触れて5人は安心してくれただろうから結果よかったのかな。
仁君は仁君で好きな道で頑張ればいいんじゃない?アメリカで成功した人がグループという器に収まるわけないし。私は亀ちゃんが好きだからKAT-TUNが好き。亀ちゃんがKAT-TUNからいなくなったらKAT-TUNファンは辞めます。
仁亀も好きだけど最近絡まないし。不仲なの?と余計な心配するのヤだし。ただカレンダーのベルトバックル2人だけ横にしてたりシャンパングラスの持ち方が2人だけみんなと違うのなんでだろう?
結成して10年の絆があるというけど何十年か連れ添った夫婦だって離婚するんだよ…価値観が違ってきて溝が埋められなくなっちゃったんだろうね…
正式に脱退するなら6人で記者会見とかしてね。決別なんかじゃなく話し合って納得ずくで脱退するんだって示してほしい。
6人のKAT-TUNのPV集とかだしてくれないかしら…
すいません長々と…ぐだぐだで不愉快なところもあると思います。失礼しました
m(_ _)m
【2010/07/19 02:21】 URL | かめち #-[ 編集]
はじめまして。
いつも読み逃げさせていただいていました。
仕事面での内情は全く知る由もないので、
とりあえず私の気持ちだけ。

ロクーン担で仁亀担です。
やるときゃやるかっこつけな男子6人が、
集まるとわちゃわちゃしてとんでもない愛くるしい表情やおふざけをする、その上とんでもなくギラギラ輝く・・・
そんな色んなギャップを持つ彼らが大好きです。
他のグループのことはあまり詳しくありませんが、
ソロの仕事の時とグループでいるときとであんなに違う表情をする人たちってないと思います。
特に赤西くんはそれが顕著、
だから私はソロ仕事の彼よりもKAT-TUNの彼の方がずっと好きでした。
たとえ笑顔が見えにくくなりつつも、
それでもやっぱりKAT-TUNの中にいる彼は明らかにリラックスしていて、
昔の(本来の?)無邪気さが垣間見えるから。

KAT-TUNは6人とファンでその名前のとおり成立ってる。
彼らが6人である必要がないという発言があったと聞いたときはショックでした。
私から見て5人のライブは実を言うと物足りなく・・・
力不足だとかそういう意味では全くもってありません。
完成度には大満足でした。
ただただ私の大好きだったKAT-TUNではないと感じてしまって、
そんなことを思ってしまうことがあんなに頑張ってる5人に申し訳なく、
それでもやっぱりAの存在も求めてしまう。

たとえ相手がAでなくても、
私の中では誰1人欠けてはいけない「6人がKAT-TUN」です。
マイク6本で壁を壊す、それが私の大好きなKAT-TUNです。

彼らの言葉や様子を考えると、
彼らのうち誰か1人でもこの形を望んだとは思えず(思いたいだけでしょうか?)、
ただただ胸がつかえています。

2度目はない、とは社長さんは何のことをおっしゃったんでしょうね。
まさか米ライブがAの強引な希望で行われたわけではあるまいし。

彼らからの言葉が聞きたい。
全ての真相が知りたい。

それが聞けるまで答えは出ません。
今はただ、KもAもTもーTもUもNも応援するだけです。

【2010/07/19 01:48】 URL | kiki #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/19 01:31】 | #[ 編集]
個人的な意見を書かせてください。このやるせない気持ちに整理がつかないです…
私はさいたま、静岡、大阪、東京ドーム初日、そして24日25日参戦します。私も、5人のライブを見て ここに赤西仁の居場所は無いと思いました。だけど、すんごい楽しいんです。大好きな赤西くんがいないのにめちゃめちゃ楽しいんだけど、てトモダチと言い合いました。たぶん、安心するってゆうか、やっぱ赤西くんはハラハラしますよね(^^; 機嫌悪いのかな、とか…。昨年北海道行った時にそう思いましたもん。基本サングラスかけっぱでなんなんだこの人(笑)てゆう。踊らないし…ジャニーズの方ですよね??て何度思ったことか。
そして友&仁に参戦して驚きました。なんでこんなに楽しそうなの??って。なんでこんな顔がKAT-TUNの時に出せないの??って。イキイキしてる赤西くんを見てこの人が本気出したら怖いな、て思いました。

めでたい奴って思われるかもしれませんが、私は絶対脱退なんてあり得ないと思ってます
根拠も何もないですが
赤西くんやKAT-TUNの口から『脱退します』 て言うならそこでやっと納得します
そうじゃないならあり得ないと思ってます
【2010/07/19 00:22】 URL | なみお #-[ 編集]
もうね、近くで見てきたジャニーさんが、はっきりと『別の道を歩いてる』と言い切れる気持ちが痛い程分かります。それぞれに夢があり叶え続けてきた彼らは、変化に強い。だから『不安にさせてごめんね』と言う言葉がピッタリだと思ってしまいます。彼らには覚悟があった、ただ遠くから見てきたファンには通じない…。なぜなら、本人達との距離と時間差があるから、でも離れる勇気は無駄じゃないと信じるしかないんですよね。 それにしても、KAは亀梨の頭文字にするとは…亀が、きっと辛いのに、また無理して人一倍頑張るんでしょうね。
いつだって変化を要求される彼らをこれからも応援したいと思います。
【2010/07/19 00:20】 URL | あーたん #0oI0TrLw[ 編集]
自分でもよくわからない複雑な思いを、正確に言葉にしてくださっているので思わず涙が出てしまいました。

人生において、
他を切り捨てにしてでも何かを選ぶという厳しい決断をしなければいけない時があるということはわかりますが、
私は、
あっちを掴みに行くけどこっちも離さないぞっていうがむしゃらな選択をして欲しかった。
6人それぞれが覚悟を決めて出した結論なら、受け入れて応援していこうって思っているのに、
寂しいとか切ないとか、時にはどうしてこんな思いをさせるのって思ってしまう自分がいます。
【2010/07/18 23:38】 URL | ゆみ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 23:05】 | #[ 編集]
こんにちわ
いつも読ませてもらってます★だいすきなブログです。

昨日、
KAT-TUN魂初参戦してきました
運良く席近くて、
初めて見るKAT-TUNは
輝いていてかっこよくて
ドームの広さや
ファンがたくさんいるのを見て
なにもかもに感動してました;昨日は本当に最高でした★

きょんさんの記事の読んで
ずっと誤魔化してた気持ちが
出てきました。


今のKAT-TUNに
今の赤西仁が必要なのか
その言葉にとても共感しました。

5人でのコンサートは
本当に最高でした

5人を見ていて
正直、
物足りなさとか感じなかったんです

それだけ5人は
全力なんですよね‥

でもきょんさんが言う通り
仁くんの声とかハモリとか
ついつい探しちゃうんですよね
ついつい考えてしまう。


仁くんが脱退したからって
KAT-TUNを嫌いにはならないし変わらずずーっと
KAT-TUNをだいすきなままだし応援し続けられます。
仁くんのことも。

でも、
もう6人のKAT-TUNは見れない。だいすきな仁亀が見れないって思うと涙が止まらなくて。

今年は絶対に参戦して
仁亀見たい!!!!
って思ってたんです。

いろいろ
時間がかかりそうですね‥

ぐちゃぐちゃで
わからなくなります。

文章力の無いコメントで
すみません。

今回の記事で
たくさん考えることができました(´・ω・`)
ありがとうございます。
【2010/07/18 22:40】 URL | saki #-[ 編集]
きょんさんのblog大ファンです。
きょんさんの気持ちアップしてくれて有難うございます。

泣き言を言わせて下さい。

KAT-TUNが大好きです。
ロクーンが大好きです。

17日ドームに入りました。
ちゃんと楽しもう、ゴクーンと一緒に盛り上がろうと決めてたのに。
観ると聞くと泣けちゃうんです。
どぉしても、キラキラなロクーン、仁亀が、頭に耳に目によみがえってしまう。
せつない。
ラスト、手を取り合ってKAT-TUNと言えませんでした。
ゴクーンには申し訳ないけど泣きっぱなしでした。
気持ちに整理ができていない私には辛いライブでした。

たくさんのblogを読ませて頂いて、皆さんのコメントも読ませて頂いて、少しずつ気持ちが整理されていくのかな。
ロクーンが大好きな私はいつまで引きずってしまうんだろう。
ゴクーンを、仁を、今までと同じように応援して行けるのか。

大好きな六人。
ホントにもう道は分かれちゃったのかな。
この痛みは時が経てばいつか癒えるのかな。。。

取り留めのない長文失礼しました。
【2010/07/18 22:36】 URL | きょろん #-[ 編集]
はじめまして。今まで読み逃げですいません…今日初コメです。
結成から今日までこんなにUPDOWNの激しいグループっていますかね?私は脱退なんて疑いもしなかったのでまさかの事態に心がついていけずにいます。はっきり「成長して帰ってこようかなと」と言ってたのに、KAT-TUNは「6人」の頭文字なのに、KAT-TUN第2章ってこれかよって、もう誰に対してなのかわからないメチャクチャなやりきれなさで一杯です。
NEIROとか君道とか今聞くとちょっと泣きそうです。
きょんさんの記事これからも楽しみにしてます。
【2010/07/18 22:14】 URL | あこ #-[ 編集]
初めまして! 主婦で子持ちの亀ちゃんを応援している者です。 いつも読み逃げですみません(>_<)

今回の事、私もきょんさんと同じ気持ちです。 代弁して下さりありがとうございます。

今は 一日も早く 亀ちゃんが笑顔になれるようにと願うばかりです(v_v)
【2010/07/18 21:59】 URL | 尊流 #-[ 編集]
脱退のこと残念です。
私は仁君が好きです。でもKAT-TUNのAである仁君も好きだったからです。

でも今回の渡米は留学の時とは違うはず。
当初の発表では、話し合った上でメンバーも応援するし、2WAYで、アジアとアメリカでお互い頑張る筈じゃなかったのでしょうか…
なのに2度目は世間も許さないとか、失敗したら戻るなんて無理とか(だいたい今の段階で失敗とか言うこと事態おかしい!)
もしそうなら3月の時点ではっきりそう言えば皆不安にならなくてよかったのに。仁君一人がワガママで悪者にならなくてよかったのに。
2WAYの筈なのにメンバーは初めから仁君がいなかったかのように名前を出さず、Mステでもなんで5人なのかの説明もせず、とても納得したうえで応援してるようには見えなかった。
迷惑なら、不満なら、あの段階ではっきり言うべきだったのに。
事務所の方針なのか、メンバーの意思か知りませんがやり方最悪としか言えません。
秋にツアーが終わったら戻ることを信じて5人のKAT-TUNを応援していたファンの気持ちは…
なんかとても不信感がつのってます。事務所にもメンバーにも。

今回だってなんで仁君だけ会見する機会をもらえないのか。片方の話だけでは一方的すぎる。

仁君がソロになるにしても、仁君もKAT-TUNも気持ち良く応援していけるもっと良い方法があったと思うのに。

こちらのブログはKAT-TUNにも亀梨さん、仁君にもメンバーにも愛情が感じられとても好きでした。
なのに2度目は許さないとか、正直びっくりしました。そして悲しい。やっぱり、亀梨さんがよければいいんでしょうか。
なんかがっかりしました。
どんどん嫌な感情が増殖してきて、自分でもいやになります。(なんで仁君だけ自己中みたいに言われなきゃ無いのか。自分のファンをTeam ×× とか言って囲いこんでも何も言われない人もいる。同じこと仁君が言ったら何を言われるか、バッシングされるかわからない。とか、どんどん負の感情が出てきて落ち込みます。)
なので切り替える努力をします。
赤西仁だけをこれからはみて、信じていこう。
もうソロの時だけとか、無利無理やってるとか、色々バッシングされる事もなくなるかもしれない。
気にしなくてよくなる。今までよりは。

KAT-TUN好きだっただけに残念です。

管理人さんに言っても、ですよねスミマセン
こんなコメントなのでなんなら削除してもかまいません。
【2010/07/18 21:57】 URL | 美優 #mQop/nM.[ 編集]
きょんちゃん、お久しぶり!!さおりでっす!

うちも福岡コンのとき、5人のコンサートに仁の面影を感じてすごくすごく寂しかった。

コンサートは、本当に本当に楽しくて最高!!!だったんだけど・・・やっぱり赤西仁の存在は大きいなぁって思いました。

いろいろな事情とか考えがあっての決断なのだろうけど・・・やっぱり悲しいよね。

もう決まっちゃったことなのかな。。。涙
【2010/07/18 21:50】 URL | さおり #-[ 編集]
きょんさんの日記を読むまでは、戻ってきてくれるって信じてたのに…って愕然としてました。

でもきょんさんの日記を読んで、なんかすごくしっくりきたし、すごいへこみました。

5人のライブを見に行って、すごく違和感があって…
それはきっとAがいなくてもKAT-TUNとして成り立ってたからなんだろうなって気づきました。

過去に縋ってたんだと思います…

KAT-TUNでは見れない笑顔を、KAT-TUNとは別の場所で見せてくれる彼を、見ないようにしてました。

気づけてよかった

きょんさんのおかげです
ありがとうございます

これからは6人で思い出を共有することができないのはとても悔しいけれど、
それでも、
それでも6人を好きでいるんだろうと思います。
【2010/07/18 21:38】 URL | mariko #-[ 編集]
こんにちは。

このタイミングでっていうのが何でなんだろう…

KAT-TUNのAであり続けるには窮屈だったのでしょうか?ソロコンは見に行ってないので、ブログ巡りと雑誌の記事からですが、とても楽しそうだったようで。

メンバーにとって、進むべき道が違っていても、私はロクーンのKAT-TUNでいてほしいです。
【2010/07/18 20:03】 URL | よー子 #Zr2/WiYY[ 編集]
私もすごく同じ気持ちでいます…
KAT-TUNが大好きで、でも仁くんも大好きで…6人の思いを一番に尊重したいけど実際に私たちファンが理解出来ているのはほんの一部。
もし5人でやっていくことになるのなら、最後に6人でCD出して欲しい。そして、最後に6人でのライブをして欲しい。
このまま抜けていくのはKAT-TUNからしても周りからしても曖昧なまま終わってしまいそう……。
【2010/07/18 19:38】 URL | 空 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 19:35】 | #[ 編集]
ご無沙汰です。
きょんさんが架け橋となってくれた絆は続いていて…(覚えてないですよね(笑))。
KA会と名を付けて逢ってます。
昨日のコンも一緒でした。A担と仁亀担、他担、KAT-TUN担…それぞれの涙がありました。
そして…聖なる聖の涙(想い)。
聖には一杯救われたし。5人になってのアリーナツァーからドームと、今回は聖が背負っちゃってるのかなぁ?と思えてたんです。だから、聖のソロは亀梨さんよりガン見してるよと言われる位。←想いを感じたいし、ちゃんと見てたい。けど、そんなの忘れちゃう位格好良すぎで…。
流した涙の微妙な違いを説明するのが難しい中、きょんさんが全部語ってくれたので
有り難くてコメしました。ありがとうございました。
【2010/07/18 19:20】 URL | lucky #-[ 編集]
仁くんにとってKAT-TUNはどんな存在なのでしょうか。
他のメンバーはグループとしての展望をよく語ってくれていたけど、仁くんの口から未来のKAT-TUNについての言葉ってあったでしょうか。

仁くんに聞きたいです。KAT-TUNとは…あなたにとってどういうものですか?と。
【2010/07/18 18:33】 URL | ハマ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 17:17】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 16:35】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 16:18】 | #[ 編集]
私にはこの日が来る確信があったのに、やっぱり混乱して涙ぐんだりします。

仁くんはKAT-TUNでいるのが嫌なら、きっぱりけじめをつけて自分の道を行くべきだと思っていたし私が最強と思っているKAT-TUNというグループを、取るに足らないもの・そのメンバーとして活動するに値しないもののような態度を取ることに怒ってもいたのに。

とてもとても大事な好きなものがあるって、喜びでもあるのに深い悲しみとか苦しみとかでもありますね。
【2010/07/18 16:11】 URL | air #-[ 編集]
はじめまして。仁亀大好きな仁担で、ずーっとこのブログのファンです!!(いつも読み逃げですみません)
今日は今の気持ちを書いてくださり嬉しかったです。有難う。
昨日、脱退を知り…来たか…って思いました。
KAT-TUNをよく知らない友達は『ウソ!?』って驚くけど…
私たちファンは『やっぱり…』の声ばかりだよね。
仁ってホントに枠におさまってくれない(笑)。みんなの想像以上の事が出来ちゃうし、ものすごいパワーを持ってると思う。。。亀も同じ。
強力なパワーとオーラを持つ二人だからこそ、みんなを引きつけたんだよね。
でも、『今は与えられた事に全力で応える』と言い切る亀に対して、アイドルから脱したい仁…
私たちがロクーン最高♪って思ってる影で彼らはすごい葛藤があったんじゃないかな…。
仁は不器用で表面的に我が儘で面倒な時もあるけど、本当の仁を理解してるのも亀たちメンバーなんだろうね。
だからこそ仁がKAT-TUNよりソロを選んだ時、後押ししながら寂しさも感じただろうし、5人の団結した活動を期間限定って見られたくないって思ったんだろうね…。
ファンもこの事態を受け入れるにはもう少し時間が必要ですね。

【2010/07/18 15:56】 URL | ペンタ #-[ 編集]
きょんさんはじめまして。
いつもお邪魔させていただいてます。
亀梨ファンのななと申します。

亀梨君が「KAT-TUNでいる覚悟はとっくにしてる」と言ってくれたから
来週のライブでは5人に「ずっとKAT-TUNファンでいる覚悟はできてる」って少しでも伝わるように応援したいと思います。

でも、今はすごく哀しい。
哀しくて仕方ありません。
仁くんには、KAT-TUNに居て欲しかった。

きっとはじめは誰も脱退なんて望んでなかったはずなのに
なんでこうなっちゃったんだろって想いがループしてます。

【2010/07/18 15:55】 URL | なな #Yp7YwEs2[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 14:01】 | #[ 編集]
きょん様、はじめまして。初めてコメントさせて頂くまきと申します。最近きょん様のサイトに巡り合いまして、数日掛けて全ての日記を読ませて頂きました。余りにも素敵な日記過ぎて、そしてロクーン愛に溢れていて涙ぐんだ程です。そんな私はA君大好きの、JKが隣に並ぶだけで世界が輝いて見え、ロクーンは世界を救うと真剣に思う人種です。笑 彼らを応援してきて丸7年になりました。今回の事、A担として……。昔の彼と今の彼両方知っている身として、言葉にならない程の苦しさと、いつかこんな日が来るかも知れないと言う覚悟と、2つの気持ちが自分の全てを占めている感じです。きょん様のAに対する気持ち、言葉、全くその通りだと思いました。スキだからこそ、本当に許せない時があった。昔に執着してしまう自分が悲しくて悔しくて、嫌いになれたらどれ程楽か…。でも一度だって、本気で嫌いになんてなれませんでした。本当は今だってきっと、彼は良いところを沢山持っていて、素直で馬鹿で、だけど人を思い、ファンを思い、何よりメンバーを大切にする心優しい子であると信じていたから。今でも、信じています。だからこそ、悲しい。十数年もの長い月日をともにした戦友たちを、はいさよなら、なんて出来るの?5人の本当のところは?昨日のLIVEで、プロミスソングを歌う中、聖やカメが泣いていたと聞きました。誰よりもプロ意識が強い二人の涙。私は、これを聞いて間違いなく、どんな結果が来ても応援しようと思いました。Aの言葉、5人の言葉を待ちます。悲しくて、心に空いた穴は塞がらないし、本当に走馬灯の様に色んな思いで胸が張り裂けそうですが、もう少しだけ、耐えて、信じて、もし別々の道でも、皆まとめて大好きだと思います。長々と、本当に申し訳ありません!だけど、本当に思いが共感出来るきょん様に言葉を伝えたくて…。久々の更新嬉しかったです。言葉を聞けて本当によかったです。これからも応援しています。まき
【2010/07/18 13:50】 URL | まき #mcs/3HiI[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 13:46】 | #[ 編集]
はじめましてです。
私も仁亀のハモリが大好きで、お邪魔させていただいてました。

今回のことは、来る時がきたんだなって意外と冷静でした。
それに、今年のアリーナツアーでKAT-TUNというベースを守るためにがんばっている5人を見てきて、6人じゃなきゃKAT-TUNじゃないなんてそんな非道な事は言えないって思いました。

私は、5人が寂しそうにしている顔なんて見たくないです。それに、5人は寂しそうな顔を自分達がしてしまったらファンを余計に寂しくさせてしまうってわかっているからこそ気丈に振る舞ってくれているのだと感じました。(寂しそうにしてくれたらどうにかなる位だったらしてくれって思いますが…。)

ファンそれぞれに、彼らに対するこうあってほしいって理想はあるでしょうが、ファンだからといってそれを無理に押し付けるのはなんか違うなって思うし、最終的に彼らが下した決断であればファンであれば受け入れる、ついていけないならファンを降りる。それしかないと思っています。

私は変わらずKAT-TUNを応援していきます。なんの不安もありません。
【2010/07/18 13:17】 URL | minko #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 13:12】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 12:45】 | #[ 編集]
私もきょんさんと同じで心がついていきません。
ほとんどの方が今回のことは想定内だったようですが私はまた6人になること信じて待ってました。来年はコンサートで6人揃ったKAT-TUNが見られるかな~という思いで毎日を過ごしていました。
仁君の全米ツアーが決まったときからよく考えたら分かることなのに脱退ということを考えたくなかったのかもしれません。脱退はないという言葉に安心しきっていました。 個々の活動をしていても基盤はKAT-TUNだと思っていたからまだ5人のKAT-TUNでやっていくといわれても気持ちがついていかないんですよね。
今までの6人の姿がDVDにも自分の頭の中にもしっかり残っています。考え方の違いとか音楽性とかそんなの今さらじゃん・・今になって分かったことじゃないやんと言いたくなる。それでも6人が揃ったらKAT-TUNとしてワイワイしてる姿を見るのが本当に大好きでした。
私も気持ちを切り替えるにはもうちょっと時間がかかりそうです。
【2010/07/18 11:59】 URL | あや #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 11:47】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/18 11:33】 | #[ 編集]
はじめまして、きょんさん

きょんさんの素直で繊細な文章に、ガサツな私ですが共感し、涙してしまいました。
私も仁がいなくなってから、今日までの間、何度も揺れました。
このまま5人になってしまっても、5人も仁も幸せならそれでいいのかなと考えたこともあったり
仁のLA公演での亀とのおそろいのパワーバランス、1582の楽曲使用のニュースを聞いた時は「やっぱりグループ愛あるんじゃん」って思ったり。
正直疲れていたけど、最終的に私が望んでいるのは「仁がKAT-TUNに戻ること」でした。いくら5人のKAT-TUNが輝いていても、それは6人であること以上の満たされ方ではありませんでした。
5人と赤西とでは生き方が違うと社長は言いましたが。
5人だってそれぞれちがう生き方をしてる。
誰一人同じ生き方をしてる人なんていない。
そのバラバラが顕著だったこの6人があたしは好きだった。
違う色の輝きを放つ6人が大好きだった。
6人が好き。5人と比べるのではなく、
絶対的に6人が好きなんです。

正しいファンじゃなくても、そう叫びたいです。
こんなとこで叫んじゃってすみません。


最後に。
きょんさんの柔らかくておもしろい人柄、KAT-TUNへの素直な表現
全部好きです。お仕事等大変そうで、癒しであるKAT-TUNもこんな状態ですが、どうか元気にお過ごしください。
【2010/07/18 11:27】 URL | KA #Lf3AU29U[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 11:19】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 10:52】 | #[ 編集]
きょんさんの心、ズシリときました。

私はいつか、「え、KAT-TUNって元々6人だったの?」って言う人が出てくるくらいに5人でなって欲しい!
今よりも更に上へ、上へ、誰にも文句は言わせないくらいの実力をつけて。
仁くんも然り。
やるからにはトコトンなタイプだと思うので、亀ちゃんがいなくて寂しくなっても、音楽は極めて欲しい!

その姿を見るまで、しっかり見守ろうと思います!
【2010/07/18 10:00】 URL | ゆか #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 09:31】 | #[ 編集]
久しぶりです 

昨日は突然のニュースに驚いたし、よくわかんなくなって泣いたりしました・・・
アリーナツアーやいろんな雑誌を見て、今の5人は今まで一番チームワークがいいし、ファンのことを大切にしてるってことを感じてた。それは仁がいないからではなく、仁がいないからこそだと思ってた。6人ぢゃなくても5人ががんばってるから帰ってくるまでちゃんと待ってようって思った。最初はぶっちゃけ自分勝手ぢゃん って思った。けど、やっぱり夢を叶えてほしいって思ったから受け入れられた。でも、結果はマイナスで・・・
仁亀大好きだから、仁亀の絡みは?仁亀のハモリは?仁亀のゆっちいじりは?って思ってしまう 仁亀だけぢゃなくてみんなとの絡みも・・・
そう考えるとショックで  
確かに5人と仁が目指すものは違うかもしれない。けど、それって本当に脱退っていう選択肢しか残ってないのかなぁって思う。KAT-TUNにいてもできないのかなぁって・・・
仁がロスに行くときに5人も解散はないっていってたし、仁も成長して戻ってくるって言ってたから信じてたのに。
今の本人の気持ちはどうなのかなぁ。本人が脱退したいって考えてたらしょうがないって思うかもしれないけど、本人に脱退したくないって気持ちが少しでもあるならその気持ちをきかしてほしいなぁ。
今はまだ気持ちに整理ができません 
でも、きょんさんが言ってるようにKAT-TUNは大好きです 
せっかくチケット当たったので24日は笑顔で楽しみたいって思ってます 
長々と失礼しました。
あと、なんか日本語ヘンですみません 
【2010/07/18 08:55】 URL | かおり #-[ 編集]
きょんさん
はじめましてりなと
いいます^_^

きょんさんの言葉
考え方がだいすきでいつも
楽しく見させていただいてます

16、17日と
BIG TOURに行ってきました

昨日はメンバーもファンも
凄い凄い一体感でした。

KAT-TUNはファンに辛い
思いをさせてごめんねって

ファンはKAT-TUNを心の底
から応援してるよって
気持ちが凄い伝わりました。

PROMISE SONGでは
聖も涙していたしファンも
皆泣いていました。

かめちゃんも皆に謝ってた
けどKAT-TUNとして
ステージにたてるのが本当
に嬉しいといってくれました

これからどんな形に
なってももし本当に仁が
抜けてしまっとしても

ファンがメンバーが
Aが仁がいたことを忘れな
ければずっと仁はKAT-TUNだと
思います。

KAT-TUNはわたしの人生
わたしの世界を変えてくれた
なにがあってもずっと
6人を応援していきます、

きょんさん
お仕事凄く大変みたいですね

身体に気をつけて
これからも頑張って下さいo(^-^o)(o^-^)o

上田担 りなより
【2010/07/18 08:43】 URL | りな #QPvKMYiA[ 編集]
はじめまして。
辛い心情の中、更新ありがとうございました。
色々思う事がありますが、私はKAT-TUNが大好きです。
昨日の5人を見て、KAT-TUNのファンで幸せだと思いました…。ずっと彼らについていきたいです。
【2010/07/18 08:40】 URL | なつ #-[ 編集]
はじめまして、こんにちわ。
とある仁亀信者なんですけど))
きょんさんの日記見ました。
とっても強いなあと感じました。
今の私は全然納得いかなくてただただ泣くしかできないで
昔の映像を見ては仁亀を追っています。
正直仁の戻ってきてからの行動や態度は
赤西仁は昔からこうなんだよって
思ったり話したりしたけど実際はこうじゃなかった気がする。
亀を始め仁との不一致にはとても頭を悩ませたと思う。
聖や亀が昨日の魂で泣いたらしいんですが、
どんなに仁を悪く言われようが彼らの中には「仁」があると思う。
まだまだ全然納得できなくて
KAT-TUNのAは赤西仁と思っているんですが、
心のどこかではグループから抜けて
グループ抜きで仲良くなっているKT-TUNとAが見れたらいいなって
思います。
長々とすいません
【2010/07/18 08:23】 URL | tak #-[ 編集]
今回の件は何より、なぜ突然そこまで喋ってしまったんだろうと社長に不信感でいっぱいです。

大々的に報道された昨日も五人は公演があって、仁ファンだってたくさん来ただろうに…果たして誰か得した人がいるのだろうかと疑問です。
六人でいる必要はないとか、失敗したらとか、そんな発言も腹立ちましたが一番の問題点は二度目はない、ですよ。
は?事務所が持って来た仕事でしょ?仁にそんな仕事持って来る力があるとは思えませんが?
と、納得できないことがいっぱいです。
きょんさんも二度目は…とおっしゃっておられましたが、前回と違い、今回は事務所主導だったはず。
仁だって雑誌で、最初は戸惑った、とかヤバい曲がない!とか言っていました。
事務所が話を持って来た仕事なのに、二度目は…なんて言われて悲しいです。

今回のことは全て仁の我が儘ということで片付けられるのが悔しい。
仁は弁解とか何も言わないでしょうけど。

このタイミングでの発表、仁ファンだけでなく、他メンバーのファンをも馬鹿にしてますよね。
秋に正式発表なら秋に言えばいいのに!

私は自分の予想以上にKAT-TUNの仁が好きだったみたいで、昨日からずっと色んなことを考えすぎて頭がパニックになってます。

仁の過去映像が森くんみたいにタブー化していくのなら悲しいです。
SMAP×SMAP六人で出て欲しかったなぁ。
【2010/07/18 08:04】 URL | ユウ #leF2ecbc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 08:01】 | #[ 編集]
きょんちゃん
久しぶりです
昨日は朝から思わぬニュースが目に飛び込んできて
なんとなく、覚悟はしてたものの、どうしようもない気持ちでいっぱいになってしまいました(;_;)
別々の道をそれぞれ歩んでもKAT-TUNを応援したい気持ちは変わらないけど
私も、受け入れるのには時間が必要かも知れないです。仁亀がずっと好きだったから色んな感情で頭がいっぱいになったけど
7月17日のカレンダーの表情を見ていたら
やっぱり、これからも変わらず好きでいるんだろうなって感じました。
【2010/07/18 07:52】 URL | うるみん♪ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 05:16】 | #[ 編集]
何年見てきたと思ってるの。どれだけの思い出があると思ってるの。

この言葉に胸がきゅっと切なくなりました。。。

私も思うところを書かせて下さい。



10年くらい前ですかね、
深夜にジャニーズがでてる番組をボーっと見てたんです。楽しそうに屈託なく笑う男の子が私の目に映りました。
仁君でした。
まだまだ垢抜けてなくて全然格好よくなんてなかったけど小学生だった私はそれから毎週眠い目を擦りながら裸の少年という番組をみるようになりました。

どんどん格好よくなっていってどんどん歌が巧くなっていってどんどん人気がでていく仁君をずーっと応援してました。

私の記憶の中の仁君はいつもほんっとーに楽しそうで屈託なくてばか正直で。
…いつもみんなに囲まれてました。

友仁をみたとき
どうしてKAT-TUNでその笑顔ができないの?
何度もそう思ったのに。

別の道を選ぶなんて選択肢、私には考えつかなかった。
今思えば認めたくなかっただけなのかもしれない。
過去にばかりしがみついて、『今』の彼から目を背けてしまっていた。

本当は大口開けて誰よりも屈託なく笑う人なんだよ、
本当はちょっとおバカで天然で、
本当は唄だってなんだって本気をだせば…、って。

彼を誤解している人逹に叫びたい程感じていた気持ちは自分に言い聞かせていただけだったのかもしれない。

今回のこと、正直言うと第一報を聞いたときホッとしたのも事実なんです。

あぁ、これで気兼ねなく彼を応援できるし、彼の『夢が叶った』事を批判したり悲しんだりする人がいなくなる……、って。

私はオンリーファンと呼ばれる存在だから。
彼を第一に考えてしまうから、まず最初はそう思ってしまったんです。

でもやっぱり寂しいです。
『エゴ』だって判ってる。
だけど屈託なく笑っている6人が頭から離れない。

たくさんの6人の思い出が私を縛りつけて離さない。

【2010/07/18 03:42】 URL | みあ #RSx9Hk0E[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 02:43】 | #[ 編集]
わたしは、ロクーンが好きです。
けど、仁さんがどうして?って思うようなことを言い出してあまり笑わなくなって、わたしは、もう仁さんなんて知らない!と思ってました。

それでもずっと見続けて、いろいろ感じました。

仁さんはkat-tunを辞めたいから、嫌いだからってわけじゃないんだろうなと、中丸君へのマニュとかメイキングとかたまに嬉しい発言とか、ほかにもうまく伝えられないけどそう思うところがたくさんありました。
メンバーと何かしら繋がりたいんだなと思うとこもありました。
いまさら勝手だ!と思っていたときもありました。

けど、変わったとはいっても変わっていなくて、いい奴で、結局好きでした(笑

きょんさんの打った文章を見て思わず泣いてしまって、けれど温かい気持ちにもなれました。自分がkat-tunを、仁さんを好きだって改めて感じることもできました。

これから何があるかわからないけど六人が好きなのに変わりはありません。大好きです。

こんなに長々とすみませんでした;;
これからもブログ見に来ます!!








【2010/07/18 02:38】 URL | mimi #dvUYBDnY[ 編集]
私は脱退は仕方ないしと思うしスッキリしました
これ以上5人に傷ついて欲しくないファンに頭を下げて欲しくないととアリーナツアーを見ておもったから
私はKAT-TUNというグループを愛している5人のKAT-TUNが好きです
【2010/07/18 02:35】 URL | 美月 #-[ 編集]
私も五人のKAT-TUN好きデス。でも、それ以上に六人のKAT-TUN、仁亀のハモりが大好きデス。
今日は頭も心もズシンと重く、仕事してました。
ファンの事を心底思ってくれてる五人、それを覆すよーな社長や仁の言動。
確かに、五人だけのアリーナツアーは凄い楽しめた、満足した。ただ、そこから一歩離れると、六人のKAT-TUNが、またいつか仁亀のハモりが蘇るんじゃないかと、諦め切れない自分が居ます。
こうやって、素直にキモチ吐き出して、時間と共にキモチを切り替えていくしかないのかなぁ…。
きょんさんの、キモチを聞いて、100の悲しみが1つ減った。
少しずつ、少しずつですかね…。
【2010/07/18 02:18】 URL | はる3 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 02:03】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 01:55】 | #[ 編集]
きょんさんの気持ちを読んでまず思ったのは、メールなどでの私の仁に関する発言できょんさんに嫌な思いをさせてしまったことがあったかもしれないということです。もしあったらごめんなさい。

全ては分かりあえなくても、同じ人達が好きだという気持ちで繋がっているということはわかるので、それを大事にしたいなと今は思います。


不適切なコメントであれば削除して下さい。
【2010/07/18 01:49】 URL | REN #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 01:48】 | #[ 編集]
いっつも楽しく読ませてもらってます。ありがとう。
初コメします、ロクン大好き仁担のららです。

今日は、あ、昨日か、長い1日でしたね。

来週が1回きりの参戦なので、仁が居ないのは承知の上ですごく楽しみにしてた分、すごく凹みました。
ロクンの仁が一番好きだから。
USAには行けない分、HOMEを守って頑張るゴクンを応援したかったから。

何だか辛くて、行くのやめちゃおうかな。とも考えたけど。

いろんなファンブログさんや寄せられたコメント読んで。
ぐるぐる読んで。ぐるぐるぐるぐる。
さいごにきょんさんのところに戻ってきたらUPされてて。

哀しいのは変わらないんだけど。
お水を飲んだように落ち着いて。

そだ!5人にお礼(とお詫びもかな?)を言いに行くつもりで行けばいいんじゃね?

と思いつきました。
ま、思いついただけ。それだけ。

いつかみんなが癒される日が来ると信じて。
大袈裟かな? いや信じますよ。では。
【2010/07/18 01:23】 URL | らら #tHX44QXM[ 編集]
いつも読ませて頂いてます。今回の事は本当にショックでした(ToT) 何となくわかっていた筈なのに。今は素直に応援するって言えないけどいつか応援出来るようになる事を願って!(b^ー°)
【2010/07/18 01:03】 URL | ゆう #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 00:17】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/18 00:07】 | #[ 編集]
何だか複雑です。
こういうことになってしまうと誰かを責めたくなるけど、誰が悪いのかがわからないんです。
仁が悪いのか。でも公になってる情報ではみんなも頑張れって送り出してくれたことになってる。
でも、今は仁の我が儘で行ったんだから戻るなんてダメでしょってなってる。
ただ、分かるのは5人ではないこと。
欲を言えば、会見のときにもう少し寂しそうにして欲しかった。
あの雰囲気を見たら、今までのKAT-TUNがなかったことになりそうで怖くなりました。
こんな日が来るかもって否定しつつも思ってたから悲しいけど…みたいな気分です。

毎回長くてすみません。
きょんさんが少しでも悲しいと感じてくれてホッとしました。
できれば、過去エピは残していただきたいです。
私のような仁担はそこにすがるしかないので。
【2010/07/18 00:03】 URL | さおり #RSx9Hk0E[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 月影グラナデン―KAT-TUN亀梨和也・赤西仁中心 仁亀族ブログ―, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。